本文へスキップ

スキーボードコミュニティー(Skiboard Coimmunity) GR (旧名Grandtrick Raver's)

スキーボードについてSkiboard

スキーボード(Skiboard)とは?

 スキーボードは1990年頃にジャンルとして誕生したスキーです。その特徴は短い板とフリーな遊び方で、長板のスキーともスノーボードとも異なった楽しみ方を持つ新しいスキーです。

 スキーボードはかつて多くの呼び名があり、「ショートスキー」「ファンスキー」「スノーブレード」など様々に呼ばれていましたが、近年世界的にもこれらをまとめて「スキーボード(Skiboard)」が一般名称として定着し、GRではこれらの板とそのジャンルを「スキーボード」と呼ぶことにしております。

 また、見た目に目立った特徴はストックを持たない事でしょう。実はストックは持っても持たなくともどちらでも構わないのですが、様々なトリックや遊びを楽しむ中でストックは邪魔になりやすく、スタイルとして持たない人が多いためにそのイメージがあります。

 ファッションとしてはスノーボードに近いファッションが好まれています。自由でスタイリッシュなスノーボード用のウエアは種類も豊富でめいめい好みのファッションを楽しんでいます。

 そしてその遊びは非常に広く、通常の滑走からパークでのエア、ジブ、サイドカントリーなどのパウダー、モーグル、あらゆるシチュエーションとフィールドで楽しめます。もちろんそれらは他のジャンルに負けない本格的な滑走も可能で、むしろスキーボードでないとできない動きまで可能にしています。


マテリアルの特徴

 スキーボードは100cm程度の短い板が主流となる短いスキーです。形状は長い板が短くなっただけにも見えますが、実はそれこそが大きな違いを生み出しています。長板に比べて軽く扱いが楽なので板のコントロールがしやすく、直感的に板を扱うことが出来ます。特にスキーボードは初めてでも他のジャンルに比べても簡単に一人で滑れるようになります。

 スキーボード以外のマテリアルは基本的にスキーとほぼ変わりません。スキーボードは専用のスキーブーツと言うものがほとんど無く、一般のスキーブーツで十分楽しむことが出来ます。それだけでなく板とブーツを留める金具、バインディングによってはテレマークブーツやスノーボードのソフトブーツでも楽しむことが出来ます。

 スキーボードの金具はその多くが「固定式」と呼ばれる完全に板とブーツを固定して外れなくする方式のバインディングを用いる事が多いですが、最近では一般の長板と同じ解放機能を持った解放式のバインディングを用意したものも出回っております。さらにGR ski lifeでは自由にバインディングの取り付けを可能としているのでスタイルや滑走に合わせた一般のバインディングを取り付けることも可能になっています。


滑りの特徴

 スキーボードはその一台でかなり広いフィールドを楽しめます。スキーボードは多くが幅が広く設計されており、100cm程度の長さとは思えない安定性を持っています。なので通常の滑走はもちろんの事、幅が広い事でサイドカントリーなどのパウダーでも気軽に楽しめ、パークでも高いパフォーマンスを発揮します。

 さらに取り回しの良さと軽さが生み出すグラウンドトリック(グラトリ)は他のジャンルには到底及ばない種類と奥深さがあります。そのバリエーションは50種類を超え、今なお新しいグラトリが生み出されています。このグラトリパフォーマンスはスキーボードの大きな特徴にもなっています。

 他にもゲレンデのバンクなど地形でも気軽に楽しめ、長板やスノーボードに比べて暴走しにくい事からコブ斜面やモーグルも手軽に楽しめます。パークでは長板やボードではできない特別なエアトリックの数々、ジブでも短さを生かしたクイックでシックなスタイルなどなど、本当に多くを楽しめます。

 それだけでなくスキーボードはその種類も実は豊富で、持ち運びの利便性から数台の板をゲレンデに持ち込んで板を変えて遊ぶことも容易です。長板などに比べてハイパフォーマンスでも比較的低価格なので手に入れやすく、ゲレンデやシチュエーション、遊びに合わせてすぐに板を履き替えて楽しめるメリットもあります。


スキーボードコミュニティー 「GR」

mixi内コミュニティ⇒「こちら
連絡先などは「こちら」をご参照下さい